登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

08/04/2009  Report by Ben Hibbs
ページ 1 / 2 次へ » 

監督、終了間際の失点を悔やむ

サー・アレックス・ファーガソン監督はポルト戦で2-1と逆転に成功しながらも、集中力の欠如から同点に追いつかれてしまったことを悔いた。また、集中力の欠如は疲労によるものだとし、それがパフォーマンスの低下につながっていると語った。

5日のアストン・ヴィラ戦で劇的な3-2の勝利を収めたユナイテッドだったが、わずか2日後に試合を行ったため、激戦を戦った影響が出てしまったのは明らかだった。

「多少疲労していたかもしれない。それが集中力の欠如につながった」と、ITVスポーツに監督は話した。「2-1とリードしていたし、試合時間が残り5分を切っていたならば、勝負を決めなければならなかった」

監督は今日の試合でポルトが質の高いプレーを見せたことに関しては全く驚いていないと言う。

「ポルトが今日のようなプレーをしてくることは予想できていた」

「我々はアトレティコ・マドリーとの試合を見たが、ポルトはその試合でも正確なプレーを披露していた」

監督は前半の低調なパフォーマンスにも関わらず、勝利まであと一歩だったということについては評価した。「ルーニーのゴールは素晴らしかったし、テベスは得意のニアに走り込む形からゴールを決めてくれた。彼はあの場所で決定的な仕事をしてくれる」

ページ 1 / 2 次へ »