登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

22/01/2009  Report by Steve Bartram

若手の活躍に注目するギグス

今シーズン8試合目を迎えたユナイテッドだが、オールド・トラッフォードで必要とされるものを熟知しているライアン・ギグスはミドルスブラ戦で見せた若手選手たちのパフォーマンスがとても好ましいものだったと語っている。

ダニー・ウェルベックとベン・アモス、マヌーショはこの日の試合でファーストチーム初出場を果たし、ラファエウ・ダ・シウヴァとロドリゴ・ポセボンにとってはこれがユナイテッドの公式戦で初の先発出場となった。ユナイテッドは3-1で勝利を収め、カーリングカップ4回戦進出を決めている。

「マンチェスター・ユナイテッドの選手はみんな、ある種の才能、あるいは気質と言ってもよいかもしれないが、そういう類のものを求められる。今日の若手選手たちはみんなその気質を証明してくれたと思うよ」と、ギグスはMUTVでコメントした。

「オールド・トラッフォードという大舞台では緊張して固まってしまう選手もいるだろう。だけど、若手選手たちはみんな、本当によくやってくれた。試合開始から終了までずっと良かったと思う。キレのある良いスタートを切れた。本当に良いパフォーマンスだった」

しかし、この素晴らしい試合はエマヌエル・ポガテツのロドリゴ・ポセボンに対する悪質なタックルで台無しにされてしまった。ポガテツはその結果、一発退場となったが、ギグスはその後のユナイテッドの対応にも感銘を受けたと話した。

「ああいうケガはチーム全体に影響するものなんだけど、僕らは良く持ち直したと思う。ボールを良くキープしたし、相手は10人でのプレーを強いられていたから、すぐにチャンスが巡ってくるはずだと確信していた」

「チームの動きと僕らが作ったチャンスは本当にポジティブなものだったと思う。これまでレギュラーとしてプレーしたことがない選手たちだったかもしれないけど、今後には大いに期待できるんじゃないかな」

*ミドルスブラ戦の壁紙はこちら

“この記事について、あなたの意見は? 掲示板『トーキング・ユナイテッド』に投稿しよう”