登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

22/01/2009  Report by Adam Bostock
ページ 1 / 2 次へ » 

大きすぎる勝利の代償

敵地で行われたAaBアールボーとの試合に勝利したユナイテッドだが、その試合で3名の選手が負傷。サー・アレックス・ファーガソン監督は、複雑な気持ちで試合終了を迎えた。

ポール・スコールズ、ウェイン・ルーニー、そして右サイドバックとして先発出場した18歳のラファエウ・ダ・シウヴァは、戦術的というよりも、医学的な理由による交代を余儀なくされた。

先ずはスコールズが担架で運び出され、監督は前半15分という早い時間帯に、最初の選手交代を行わなければならなかった。

そして、試合を振り返った監督は「多くの収穫があったが、我々は数週間に渡ってスコールズを失うことになってしまった」と語り、スコールズがヒザの靭帯を損傷し、最長で2ヶ月間の戦線離脱となることを明らかにした。

また、監督は次のように続けた。「その他の選手も怪我を負ってしまった。若いラファエウが負傷し、ルーニーは足首を痛めたようだ。ボールを受けようとしたときに痛みを感じたみたいだったので、我々はすぐに彼を交代させた」

「勝利の代償にしては大きすぎるが、我々は勝点を4ポイントに伸ばすことに成功した。そして、それは我々が狙っていたものだ」

ページ 1 / 2 次へ »