登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

22/01/2009  Report by Nick Coppack
ページ 1 / 2 次へ » 

監督「満足している」

17日に行なわれたビジャレアル戦で結果的にゴールを奪えなかったユナイテッドだが、アレックス・ファーガソン監督は選手たちのパフォーマンスに多くのポジティブな要素を見出すことができたと主張している。

「私は選手たちが良いフットボールを見せてくれたと思っているよ」とファーガソン監督がMUTVに語った。
「選手は自らが持っている物を出し尽くして、楽しみながらプレーできていた。3、4人の選手が実戦を必要としていたのだが、彼らのパフォーマンスに我々は満足している。勝利できなかったことだけが不運だったよ。カルロス・テベスのシュートはゴールライン上でクリアされ、ジョニー・エヴァンスのシュートはポストを叩いた。クリスチアーノのヘディングシュートはほぼゴールと言っていいものだったね。だが、先ほども言ったが選手たちのパフォーマンスには満足しているよ」

ファーガソン監督は中盤のオーウェン・ハーグリーヴス、パク、そしてナーニのパフォーマンスにも満足している。オーウェン・ハーグリーヴスは中盤のセンターで舵を取り、ナーニとパクはサイドからビジャレアルを崩しにかかった。

「パクは本当に素晴らしかったよ。彼のパフォーマンスには非常に満足している。それからナーニについてだが、モナコでのUEFAスーパーカップ以来の試合にも関わらず、良いプレーをしてくれたと思っている」

パクは立ち上がりから好プレーを連発し、前半少なくともPKを一つ獲得してもおかしくないプレーを見せた。

「パクの突破を阻んだわけだからPKが与えられてもおかしくなかった」とファーガソン監督が語った。

ページ 1 / 2 次へ »