登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

22/01/2009  Report by Ben Hibbs

監督、ベルバトフを高く評価

ファンの皆さんは、ディミタール・ベルバトフがユナイテッドとサインすることを待ち望み、移籍市場最終日には気を揉んだだろう。だが、サー・アレックス・ファーガソン監督は、彼がレヴァークーゼンに在籍していた2006年から獲得しようと考えていたため、さらに長く感じていたことだろう。

トッテナムが彼の獲得に乗り出していたため、ユナイテッドの接触はすでに遅かったのだ。

ベルバトフのホワイト・ハート・レーンへの移籍金は1090万ポンド(約21億円)だったと報じられている。ユナイテッドは、2年間輝き続けたプレイヤーに対し、さらに高額な移籍金を支払ったと見られる。しかし、ファーガソン監督は、それが良い出資であったと信じている。

「我々は彼がレヴァークーゼンにいるときから獲得に乗り出していたが、交渉の日数が足りなかったんだよ」
ユナイテッドのボスはMUTVの独占インタビューでそう語った。

「トッテナムがすでに獲得を決めていたんだ。残念ながら、2年前はしかるべき時に行動することができなかったよ。しかし今、なんとか彼を獲得することができた。確かに小さくない出費だが、それだけの価値がある」