登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

「このクラブでの5年間にわたるロナウドのプレーをサポーターは楽しんだ。そして、彼はこのクラブのユニフォームを着る時はいつでも、クラブへの忠誠を見せて義務を果たしてきた」
― サー・アレックス
22/01/2009  Report by Nick Coppack
ページ 1 / 2 次へ » 

温かく迎えられたロナウド

17日に行われたビジャレアル戦で、クリスチアーノ・ロナウドがトレーニングウェアを脱いでピッチに入った時、わだかまりがあると思われていたユナイテッドサポーターからロナウドは許された。

自身の将来が不透明になったこの夏を乗り越え、クリスチアーノ・ロナウドはチャンピオンズリーグの決勝以来、初めてユナイテッドのユニフォームを着た。

クリスチアーノがユナイテッドサポーターからのブーイングを受けるだろうといういくつかの報道があったが、サー・アレックス・ファーガソン監督はロナウドは温かく迎えられるという自信を持っていた。

「忘れないで欲しい。このクラブでの5年間にわたるロナウドのプレーをサポーターは楽しんだ。そして、彼はこのクラブのユニフォームを着る時はいつでも、クラブへの忠誠を見せて義務を果たしてきた」と、監督はMUTVに語った。

「私は歓声には驚かなかった。ロナウドにとって、その歓声が大きな励ましになるだろうと思っていたよ」

「彼は少し安心することができたと思う。もしかしたら、試合前は心配していたかもしれないし、どのように受け入れられるのか気になっていたかもしれない。ただ、私は心の底では彼が歓迎されると思っていた」

ロナウドがトレードマークであるトリックプレーで、ユナイテッドが望んでいたゴールを生み出すことができなかったとしても、人々を失望させることにはならなかった。

ロナウドは足下のボールですぐに敵を翻弄し始めた。

ページ 1 / 2 次へ »