登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

「サー・アレックスは私ができることややり方を何年も見ていてくれた。私のサッカーへのアイディアがマンチェスター・ユナイテッドみたいなチームに何かを加えているなんて、素敵なことだし、満ち足りた気持ちになるよ」
− レネ・メウレンステーン

22/01/2009  Report by Gemma Thompson
ページ 1 / 2 次へ » 

新しい仕事を楽しむレネ

レネ・メウレンステーンは、オールド・トラッフォードでのファーストチームコーチという新しい仕事を楽しんでいる。サー・アレックス・ファーガソン監督が与えてくれた機会を喜んでいるようだ。

オランダ人コーチは、カルロス・ケイロスの役割を引き継いでアシスタント・マネージャーに昇格したマイク・フェランの後を継いだ。

メウレンステーンは、2001年に技術向上部門のスタッフとしてユナイテッドに加わり、2005年からはリザーブチームの監督を務めていた。

リザーブチームが驚くほど素晴らしいサッカーを披露し、FAプレミアリザーブリーグシールド、プレミアリザーブリーグノース、マンチェスターシニアカップの3冠を獲得したため、彼の加入による効果ははっきりと現れた。

06-07シーズンの初めの半年間をブレンビーで過ごした後、彼はファーストチームと仕事をするためにオールド・トラッフォードに戻ってきた。そしてその後、新しい仕事を請け負うことになる。

「サー・アレックスは私ができることややり方を何年も見ていてくれた。私のサッカーへのアイデアがマンチェスター・ユナイテッドみたいなチームに何かを加えているなんて、素敵なことだし、満ち足りた気持ちになるよ」と、メウレンステーンはVoetbal Internationalに語った。

「マイク・フェランと一緒に仕事をするのはとても素晴らしいことだし、サー・アレックスはいつも気を配ってくれている。彼にとっては他の人を外から連れてくる必要がないんだ。こうすれば、組織の安定や、持続性も保証されるしね」

ページ 1 / 2 次へ »