登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

「覚えておかなければならないのは、我々にはいくらでも彼らを倒す手段があるということだ。我々は前半には試合を決めなければならない」
- レネ・メウレンステーン
18/09/2012  Report by James Tuck, in Aalborg
ページ 1 / 2 次へ » 

早期決着を望むメウレンステーン

レネ・メウレンステーンはチャンピオンズリーグのアールボー戦でのゲームプランは、早い時間帯で点を取り、“彼らの気持ちを折る”ことだという。

ユナイテッドのファーストチームコーチであるレネは、ブロンビーでコーチをしていた時に2度、アールボーと対戦している。彼らはハードワークをする、よく訓練されたチームであり、ユナイテッドの攻撃に長く耐えることができれば、更に自信を得るだろうと明かした。

「アールボーは典型的なデンマークのチームだよ。つまり良く組織されているということだ」とメウレンステーンはManUtd.comに語った。「彼らは全力を尽くしてぶつかってくるだろうね。そうしないと、我々は彼らより大きく勝るクオリティを見せ付けることになる」

「覚えておかなければならないのは、我々にはいくらでも彼らを倒す手段があるということだ。我々は早めに……前半には試合を決めなければならない。もし早い時間帯で得点できれば、彼らの気持ちを折ることができると思うよ。セルティック戦の時のように彼らが粘ってしまったら、きっとどこからかともなく新たなエネルギーを手に入れてしまうだろうからね」

メウレンステーンがコーチをしていた2年前、ブロンビーはアールボーと2度対戦したが、勝つことはできなかった。ユナイテッドは敵を侮ってはいけないと、メウレンステーンは分かっている。

「エリック・ハムレン監督がここ数年よくやっていたんだ。僕がブロンビー時代に対戦した時、彼らはとても立派なチームだった。アウェイは1-1で引き分けて、ホームでは2-1で負けてしまったよ」

「今のブルース・リホ監督は、デンマークのサッカーをよく知る経験豊かな人物だ。以前はオデンセにいた。チームには何人か良い選手もいるけど、一番良いミカエル・ヤコブセンは出場停止だ」

ページ 1 / 2 次へ »