登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

「彼は大きなケガに見舞われて、この夏は治療に専念していた。だが、今は昨シーズンのような活躍を見せ始めている。ロナウドが帰ってきたね」
- パトリス・エヴラ
22/01/2009  Report by Nick Coppack
ページ 1 / 2 次へ » 

エヴラからの賞賛

クリスチアーノ・ロナウドが復帰した。

スピードがあり、華麗なプレーをするロナウド。だが、パトリス・エヴラからすれば、相手DFに恐怖心を与えることができるという点こそがロナウドの素晴らしさだと賞賛している。

ボルトン戦でロナウドは今季初ゴールを決め、2-0の勝利に貢献した。

「ロナウドはミドルスブラ戦(カーリングカップ)でも得点を決めた。そして今日の試合でも得点したね」とエヴラはMUTVで話した。

「ロナウドはどんどん良くなっている。僕らからしたら全ての試合に出場して欲しい程だよ。彼は大きなケガに見舞われて、この夏は治療に専念していた。だが、今は昨シーズンのような活躍を見せ始めている。ロナウドが帰ってきたね」

ただ、エヴラから賞賛されたのはユナイテッドの7番だけではなかった。ボルトン戦後、エヴラはウェイン・ルーニー、ポール・スコールズ、ディミタール・ベルバトフも賞賛している。

「ルーニーとスコールズは大きな影響を与えることができる選手たちだ。例えベンチスタートとなってもね」とエヴラは語った。

「ルーニーは得点して最高の仕事をしてくれたし、スコールズは2、3度ロングパスでチャンスを作った。ベルバトフは偉大だよ。DFの自分としては彼にスピードのあるパスを出しても、素晴らしいタッチでボールを収めることができる。ベルバトフは新しいチームにやって来たばかりで、フィットするのに時間がかかるだろう。それでも、彼が素晴らしい選手であることは間違いないよ。マンチェスター・ユナイテッドでベストを尽くせるように皆が彼を助けたいと思っている」

ページ 1 / 2 次へ »