登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

22/01/2009  Report by Steve Bartram

敗戦で目覚めたヴィディッチ

ネマニャ・ヴィディッチは、UEFAスーパーカップにおけるユナイテッドの敗北は、残りのシーズンのために目を覚まさせてくれるものだったと考えている。

ゼニトはモナコで勝利を収めた後トロフィーを掲げた。そしてセルビア人DFヴィディッチはユナイテッドが今シーズン2つ目のトロフィー獲得に失敗したことを認めた。

「常に勝者でいたいよ。最も重要な試合ではなかったけど、僕たちはトロフィーが欲しかったんだ。チーム全員が欲しいと思っていた。この敗戦は、現在のチーム状況を把握するために必要なことだったんだ。そして、チームの課題をいくつか修正して、プレミアリーグへの準備をするよ」とヴィディッチはMUTVに語った。

モンテカルロでヴィディッチが後半に得点し、2-1となったがゼニトの勝利は確実だった。しかし、ヴィディッチは敗北を理解しており、ゼニトが立派な勝者であることも認めた。

「ゼニトは多くのチャンスを作っていた。後半、僕たちは反撃に出ようとしたけど、とても難しいゲームだった」