登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

22/01/2009  Report by Ben Hibbs
ページ 1 / 2 次へ » 

ギグスの新たな役割

ライアン・ギグスは、その能力を最大限に生かすため、今シーズンはサー・アレックス・ファーガソン監督にセカンドトップやセントラルMFとして起用されている。

オールド・トラッフォードでサイドをアップダウンする『背番号11』の姿を見る光景は、今や記憶の中以外では滅多にない。

34歳のギグスはユナイテッドが3-1で勝利した23日のミドルスブラ戦で、中央の位置でプレーをした。そして、ファンは、試合中に中央でプレーするギグスを見ることに慣れ始めている。

「彼は今シーズン素晴らしい活躍をしている。本当に素晴らしい」と監督は微笑んだ。「しかし、我々は彼のコンディションを管理しなければいけない。彼は今とても良い状態だが、我々としてはシーズン終了まで好調でいてもらいたいんだ。ギグスは試合を決められる才能を持っている男だよ」

「私はギグスにフィールドの中央でプレーする役割を与えたいと考えているんだ。だからこの前の夜の試合(ミドルスブラ戦)では、中央でプレーさせたんだ」と監督は付け加えた。「ライアンにとって、タッチライン際でアップダウンを繰り返す日々は34歳で過ぎ去ったんだ。時にはそれをすることもあるだろうが、今の彼には限度があると思う」

能力の高い選手たちを管理することは、おそらく監督が向き合っている問題の中でも最も困難な仕事だろう。監督の手中にある優秀な戦手たちは、監督の選手選考をこれまで以上に困難にさせている。しかし監督や選手自身も、時にはチーム

ページ 1 / 2 次へ »