登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

22/01/2009  Report by Gemma Thompson

マヌーショに待つ明るい未来

ユナイテッドは移籍市場が閉まる最終日にディミタール・ベルバトフを獲得し、攻撃のオプションを強化したが、サー・アレックス・ファーガソン監督はもう一人のストライカーにも期待している。

アンゴラのストライカーであるマヌーショは3週間にも及ぶトライアウトを受けた後、昨年末、ユナイテッドに加入した。1月のアフリカネーションズカップで4得点を挙げ、アンゴラ代表の準々決勝進出に貢献。昨シーズンの残りは、ギリシャのパナシナイコスにレンタル移籍していた。

現在は外国人労働許可証を所有しているため、ユナイテッドのサポーターの前でプレーすることが目前に迫っていると、最高経営責任者デイヴィッド・ギルはMUTVで語った。

「私たちは、すぐにはマヌーショの外国人労働許可証を得ることができなかった。しかし、規約を見たところ、時間が経てば許可が下りるということが分かった。彼をチームに加えることができてうれしく思う」

「彼は25歳で、素晴らしい特性をたくさん持っている。彼がアフリカネーションズカップで決めたゴールを見るだけで、そのことがわかる。彼は他の選手にないものをチームにもたらしてくれると考えているよ」

「今はちょっとしたけがを抱えているんだ。コンディションを整えて、どんなプレーができるのか見せてくれるのを楽しみにしている。とても有望な選手だ」