登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

「アールボーの名前はあまり知られていないかもしれない。だけど、チャンピオンズリーグに弱いチームなどないんだ。彼らもグループEのトップに並ぶチームなんだよ。勝ち点3を取りに行くため、僕らはベストを尽くさなければならない」

- ダレン・フレッチャー

22/01/2009 
ページ 1 / 2 次へ » 

警戒心を強めるフレッチャー

30日に行われるチャンピオンズリーグで対戦するアールボーをダレン・フレッチャーが警戒。ビッグネームではないが、ユナイテッドは彼らを見くびるべきではないと語っている。

ユナイテッドは29日の朝、チャンピオンズリーグでの初勝利を確実視しつつデンマークへと出発した。

グループEの初戦は、ユナイテッド対ビジャレアル、セルティック対アールボーというカードで行われ、どちらもスコアレスドローという結果に終わっている。

アールボーは、セルティックパークで勝ち点と共に自信を深めているだろうから、ユナイテッドは彼らを警戒しなくてはならないと、フレッチャーはManUtd.comに対して語った。

「アールボーの名前はあまり知られていないかもしれない。だけど、チャンピオンズリーグに弱いチームなどないんだ。彼らもグループEのトップに並ぶチームなんだよ」

「多くの人は彼らを重要視していないだろう。だけど、プレッシャーがないことが彼らにとってのアドバンテージなんだ。勝ち点3を取りに行くため、僕らはベストを尽くさなければならない」

シーズン開幕直後はスロースタートだったが、先週末のチェルシー戦での引き分けや、カーリングカップ、ミドルスブラ戦での勝利、先日のボルトン戦でのプレミアリーグ2勝目などを通して、ユナイテッドは本来の姿を取り戻し始めている。

フレッチャーは「勝利がないと、そのぶん不安が募っていく」ことを認め、次のように続けた。「ビジャレアル戦は良いパフォーマンスだった。ただ、結果が伴わなかっただけなんだ」

ページ 1 / 2 次へ »