登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

22/01/2009  Report by Ben Hibbs
ページ 1 / 3 次へ » 

ロナウド復帰は歓迎されるだろう

サー・アレックス・ファーガソン監督は、クリスチアーノ・ロナウドが今夏のレアル・マドリーへの移籍騒動についてファンに説明する必要はないと語った。それと共に、ロナウドが足首のケガから復帰し、17日のビジャレアル戦に出場できることに満足している。

23歳のロナウドは、予定よりかなり早くリハビリを終え、ベンチスタートが濃厚ではあるものの、17日にオールド・トラッフォードで行なわれるチャンピオンズリーグ、グループEのビジャレアル戦では何らかの形で姿を見せることになるだろう。

この夏に、レアル・マドリーがロナウド獲得の要望を公表したことから、監督はロナウドとプレシーズンにミーティングを行わなければならなかった。しかし、監督は、問題はすでに終結し、ユナイテッドのファンはロナウドを歓迎してくれるだろうと予見している。

「ロナウドがファンを納得させなければならないとは思わない」と、監督は16日に語った。

「我々のファンは状況を理解している。彼はまだ若いし、金銭面での魅力に誘惑されることもあるよ。でも、我々の決定を伝えてからは、彼はそれを受け入れている」

「彼はレアル・マドリーに行きたかったと言っていた。それでも、私が彼と話し合い、問題は終了したんだ。彼は私の立場もクラブの立場も理解した。この状況をプロフェッショナルとして受け入れたんだ。それ以来、問題はないよ」

ページ 1 / 3 次へ »