登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

22/01/2009  Report by Dimitar Berbatov

ディミ「楽しませるプレーを」

新加入のディミタール・ベルバトフが、他のチームではなくユナイテッドを選んだ理由を語った。

「マンチェスター・ユナイテッドの選手になることが決まり、最高の気分だよ。長い葛藤があったけど、最後には僕はこの世界一素晴らしいクラブの一員になれて、とても幸せだ。チームの一員としてプレーして、沢山のトロフィーを手にしたいね」

「僕は常にユナイテッドに決まると信じていた。辛い時期だったけど、可能性は沢山あるし、結局はそうなると信じていたんだ。今となっては、僕は世界で一番ハッピーな男だよ」

「ユナイテッドの赤いユニフォームは、僕にとって本当に、本当に大きな意味を持つ。僕の周りにいる人々や親友たちは、僕が楽しむため、ファンを楽しませるためにプレーしていることを知っている。僕はお金のためにサッカーをしたりしないよ。もしお金のためにプレーしているのであれば、僕はマンチェスター・シティーかチェルシーのオファーを受けていただろうね。僕は世界一のクラブでプレーしたいからここにいる。僕を支援してくれた、僕のために働いてくれた全ての人に感謝している」

ページ 1 / 2 次へ » 


ディミ「知っているかい?」

ディミタールがデビューしたシーズンは、ユナイテッドにとっても素晴らしいものだった。それは、1998-99シーズンのCSKAソフィアでのことだ。

ベルバトフはブルガリア代表としても、2002、2004、2005、そして2007年にプレーしている。

トッテナムにおけるディミタールのビッグクラブに対する実績は、アーセナルに対し2ゴール、チェルシー、マンチェスター・シティー、そして昨シーズン2月にユナイテッドと1-1で引き分けたリーグ戦で1ゴールである。

ベルバトフは、レヴァークーゼンが2001-02シーズンにチャンピオンズリーグに出場した際、リヴァプール相手にも得点を決めている。さらにはその次戦、ユナイテッドを倒した試合でも貢献している。