登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

22/01/2009  Report by Gemma Thompson & Ben Hibbs
ページ 1 / 2 次へ » 

カリック離脱もロナウドが復帰

サー・アレックス・ファーガソン監督は、17日に行われるチャンピオンズリーグのビジャレアル戦での、クリスチアーノ・ロナウドの起用を考えている。その一方で、マイケル・カリックは戦列を離れており、ディミタール・ベルバトフもビジャレアル戦には出場できるか分からない状態だ。

足首の手術から驚異的な回復を見せたロナウドは、今シーズン初めて、注目を集めつつベンチから試合を集中して見ることになるだろう。

「確かにクリスチアーノはメンバーに入る」と、監督はプレマッチ記者会見で語った。

「他のプレイヤーの負傷に関係なく、我々が彼をプレーさせるかどうかは大きな決断だと言える。ただ、ロナウドをベンチに入れることは確実だよ」

カリックの負傷の診断結果は良好ではない。14日の検査では、カリックはアンフィールドで受けたタックルで右足を骨折していることが明らかになった。彼は、最高で6週間に渡ってサッカーから離れるという診断を受けた。

「マイケルの負傷は我々にとって良くないものだ。彼は4週から6週の間チームを離れる。悪い知らせだ。それに、ビジャレアル戦を前にして、他にも負傷している選手がいるんだ」と監督は語った。ベルバトフも13日のリヴァプール戦でひざを負傷し、ビジャレアル戦への出場が危ぶまれている。ベルバトフは試合中は応急処置を行ってプレーしたが、まだ若干の腫れが残っており、ビジャレアル戦には間に合わないかもしれない。

ページ 1 / 2 次へ »