登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

22/01/2009  Report by Adam Bostock
ページ 1 / 2 次へ » 

両監督がPKの判定に驚き

マンチェスター・ユナイテッドは後半に主審のロブ・スタイルズによって得られたPKを決めて、ボルトンに勝利した。ただ、あの判定には誰もが驚いている。

「ロブ・スタイルズは大きなミスを犯した。あの判定は私がこれまで見てきた判定の中でも最もひどいものだった」と、ユナイテッドのレジェンドであるルー・マカリがMUTVに語った。

ボルトンの監督であるガリー・メグソンは試合後の記者会見で不満を述べている。

「あれは不可解な判定だ。我々はこの夏、主審の助けになるためにあらゆる最新技術を採り入れようではないかと、話し合ったではないか。それに、より主審に注目が浴びるようなキャンペーンもやった。本当に皮肉だね」

サー・アレックス・ファーガソン監督も同様にPKの判定には驚いているが、単純にPKを獲得できたことを幸運だったと喜んでいる。

「私は驚いたよ。TVであのシーンを見ることはないが、ボルトンの選手(サミュエル)はボールに行っていたように私には見えた。だが、ロブ・スタイルズは昨シーズン、我々から勝ち点を4、5ポイント奪っている。だから、まだ我々には彼に借りがあると言えるね!確かにあのPKで我々は余裕を得られた。ただ、試合には勝つべくして勝ったと思っている。ボルトンは自陣を固めて守備をしてきたから、崩すのが難しかった。それでも、今日の我々が見せたように何とか崩すことが必要になってくるんだ」

ページ 1 / 2 次へ »