登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

22/01/2009  Report by Steve Bartram

布陣の選択を悩むボルトン

ガリー・メグソンは、今週末にオールド・トラッフォードで行われるマンチェスター・ユナイテッドとの試合の前にジレンマを抱えている。

トロッターズ(ボルトンの愛称)の監督は、先週末のアーセナル戦でボルトンの伝統的なフォーメーション(4-3-3)から4-4-2に変更した。最終的にボルトンは敗れたが、土曜日に向けて十分にポジティブな面があったと彼は見ている。

「ボルトンは、長期に渡って固定したフォーメーションで戦ってきた。だからアーセナル戦の内容には驚いているんだ」と、メグソンはボルトンの公式サイト上で語っている

「アーセナル戦では、2トップが多くのチャンスを作り、長い時間相手サイドでボールをキープすることができた。多くの運動量やクロス、たくさんの素晴らしい収穫があったよ」

当然、オールド・トラッフォードではユナイテッドが攻撃的にプレーするため、相手陣内に生まれるスペースをセカンドストライカーが利用すべきであり、フォーメーションのバランスをしっかりととる必要があると、メグソンは思っている。

「我々がそのようにプレーできれば、対戦相手を苦しめることができるだろう。我々は攻撃的にプレーするつもりだ

ページ 1 / 2 次へ » 


攻撃的にくるか?

「先週の上位2チーム同士の試合では、私たちは多くのチャンスを作り、長い時間相手サイドでボールをキープすることができた。多くの運動量やクロス、たくさんの素晴らしいものがあったよ」
― ガリー・メグソン