登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

22/01/2009  Report by Gemma Thompson

ギグス「上手く対応するべき」

ライアン・ギグスは前半の内に勝負を決めてしまえば、後半エヴァートンの猛攻を許すことはなかったと主張した。

ギグスは中盤のセンターでプレーし、ユナイテッドが前半試合を支配する上で重要な役割を果たした。そして21分にはダレン・フレッチャーのゴールをアシストした。

だが、デイヴィッド・モイーズ監督のアドバイスを受けたエヴァートンの選手たちは、勢いに乗り、マルアン・フェライーニのゴールで同点とした。

「後半に入り、エヴァートンのプレッシャーがきつくなったから追加点が必要なことは理解していた。結局、その追加点が取れなかったことが響いてしまったよ」とギグスはMUTVに話した。

「エヴァートンは後半に入ってサアとヤクブに簡単にボールを入れてきた。それで対応が難しくなったが、それでも上手く対応する必要があったね。だが、残念なことにリズムを取り戻すことはできなかった。前半のようにパスも通らず、運動量も落ちてしまったんだ」

ページ 1 / 2 次へ » 


ギグスが感情を露にする

「エヴァートンは後半に入ってサアとヤクブに簡単にボールを入れてきた。それで対応が難しくなったが、それでも上手く対応する必要があったね。だが、残念なことにリズムを取り戻すことはできなかった。前半のようにパスも通らず運動量も落ちてしまったんだ」

―  ライアン・ギグス