登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

22/01/2009  Report by Ben Hibbs
ページ 1 / 2 次へ » 

ストラカン監督は楽観視

ゴードン・ストラカン監督はセルティックが2006年にユナイテッドと対戦して以来、チームは更に進歩したと語っている。また、セルティックパークでユナイテッドに1-0で勝利したという事実は、21日にオールド・トラッフォードで戦う選手たちに自信を与えていると考えている。

18日のスコットランド・プレミアリーグで、首位に位置するセルティックはインヴァーネスと対戦し2-1で勝利したものの、厳しい試合だった。ストラカン監督は負傷者の心配をしながらも、ユナイテッドに勝利しチャンピオンズリーグのグループEで、首位タイに浮上することを狙っている。

ガリー・コルドウェルとマルク・クローサスは、インヴァーネス戦で負傷した。ヤン・フェネホール・オフ・ヘッセリンクは出場停止で、得点王のゲオルギオス・サマラスも出場できない。

しかし、試合前のUnited Reviewのインタビューによると、ストラカン監督は選手たちが2年前と比べ、見違える程に成長していると感じているようだ。

「チームには、前回の対戦を経験している選手もいるが、今度の試合は以前とは違う戦い方になるだろう。結果を得ることがどれだけ厳しいことなのか、試合がどういったものになるのかを彼らは知ることになるだろう。しかし、勝つ可能性があるということも選手は知っているんだ」

ページ 1 / 2 次へ »