登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

01/02/2010  Report by Ben Hibbs

テベスを信頼する監督

29日のウエストハム戦が10月唯一の先発出場であったにも関わらず、カルロス・テベスは自分がユナイテッドの肝心な歯車であることを周囲に確信させた。

ファーガソン監督は2-0で勝利したウエストハム戦で、テベスが疲れていたと感じたと語る一方、先月先発出場が少なかったことについて述べた。

ユナイテッド・レビューの試合前のコラムで、ファーガソン監督はチームにおけるテベスの重要性を強調していた。

「我々の攻撃陣は常に注目を浴びている。ウェイン・ルーニーは絶好調で、ディミタール・ベルバトフと素晴らしいパートナーシップを築いた。ベルバトフも、移籍決定が遅かったためにプレシーズンの準備が十分にできなかったが、本来の調子を取り戻し始めている」

「2人とも誰もが関心のある選手だ。私は皆さんと同じように彼らの現状に興奮しているよ。しかし私は、最近試合に出ていないFWの選手のことを考えた。つまり、カルロス・テベスについて考えたんだ。私は彼が望むほど多くの試合で彼を起用してこなかった。しかし、最近の新聞の見出しを独占してきた選手たちと同じようにカルロスもチームにとって重要な存在だ」

ページ 1 / 3 次へ » 


テベスとの会話

「私はテベスとつい先週話し合った。彼に疑う余地の無い信頼を置いていると、改めて強調するためにだ。彼は私にとっても、選手たちやサポーターたちにとっても変わらずにトッププレーヤーだということもね」
― サー・アレックス・ファーガソン監督