登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

「前半にあのようなパフォーマンスを見ることが出来れば、当然、後半も同じようなプレーを期待する。全力でペダルをこぐことを止めて、自分たちの実力よりもかなり低いところでのプレーに留まった」
- サー・アレックス・ファーガソン監督
22/01/2009  Report by Ben Hibbs
ページ 1 / 2 次へ » 

監督「リラックスし過ぎていた」

ウェストハム戦で、前半は優雅なサッカーを披露したものの、後半はリラックスし過ぎていたとサー・アレックス・ファーガソン監督は話した。クリスチアーノ・ロナウドの前半の2ゴールでリードを得たユナイテッドだったが、チームが総得点数を伸ばすチャンスを逃したと、監督は厳しい評価を下している。

「前半は素晴らしかった」と、監督はMUTVでコメントした。「前半にあのようなパフォーマンスを見ることが出来れば、当然、後半も同じようなプレーを期待する。シーズン終盤には得失点差が重要になってくることは皆さんもご存知の通りなのだから、やはりもっとゴールを決めて欲しかったね」

「前半のパフォーマンスを十分に生かすことが出来なかった。全力でペダルをこぐことを止めて、自分たちの実力よりもかなり低いところでのプレーに留まった。リラックスし過ぎていたと思う」

ロナウドの2ゴール目をアシストしたディミタール・ベルバトフのプレーは、ユナイテッドの最高の見せ場だったと言える。ベルバトフはサイドでジェイムズ・コリンズを交わし、ロナウドのチャンスを演出して監督を喜ばせた。

「2点目のベルバトフのプレーは本当に見事だった。あのプレーを見るためならチケットを倍額で買っても惜しくはないね。コントロールとバランスに優れた、想像力溢れる素晴らしいプレーだった。ロナウドはただボールを軽く蹴るだけで良かったのだからね。一体どうやってあんなプレーができたのか分からないよ。もう一度、リプレイを見たいね。本当に鮮やかだった」

「ロナウドが2ゴールを決めてくれたことも良かったよ。ロナウドはプレシーズンのトレーニングに参加出来なかったから、プレーしていく中で補っていくことになるだろう。良くやってくれているし、今シーズンもすでに5ゴールを決めている。また42ゴールを決めてくれることを願っているよ。あれほどエリア内で脅威となるプレーが出来るのだから、彼になら出来るはずだ」

ページ 1 / 2 次へ »