登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

22/01/2009  Report by Adam Bostock
ページ 1 / 2 次へ » 

スコールズは10週間の離脱

ポール・スコールズは足のじん帯を損傷し、約10週間の離脱をすることとなりそうだ。

このニュースはスコールズが担架で運ばれ、3-0で勝利した、デンマークでのアールボーとの試合後の1日の昼食の時間に入ってきた。

ただ、スコールズは唯一の犠牲者ではなかった。ウェイン・ルーニーと右サイドバックのラファエウも負傷で試合中に交代した。しかし、最初の負傷者となったスコールズは最も深刻だと思われる。

「多くの収穫があったが、我々はスコールズを失うことになってしまった」とサー・アレックス・ファーガソン監督は試合終了後に語った。

「その他の選手も怪我を負ってしまった」とボスが付け加えた。「若いラファエウが負傷し、ルーニーは足首を痛めたようだ。ボールを受けようとしたときに痛みを感じたようなので、我々はすぐに彼を交代させた」

「勝利の代償にしては大きすぎるが、我々は勝点を4ポイントに伸ばすことに成功した。そして、それは我々が狙っていたものだ」

また、アールボーで得た勝利は、ディミタール・ベルバトフのファースト及び、セカンドゴールによって決定付けられた。監督は、5試合目にしてベルバトフがゴールを挙げたことを喜んでいる。

ページ 1 / 2 次へ »