登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

22/01/2009  Report by Steve Bartram

ポセボンが堂々復帰

ロドリゴ・ポセボンが負傷から1ヶ月を経て、22日夜に行われたリザーブチームの試合で実戦復帰した。ポセボンの得点もあり、チームはマンチェスター・シティー相手に素晴らしい勝利をあげた。

ポセボンは9月のカーリングカップミドルスブラ戦で、エマヌエル・ポガテツから悪質なタックル受け負傷し、戦線離脱していた。19歳になる彼が復帰したことについて、リザーブチームのオーレ・グンナー・スールシャール監督は大いに喜んでいる。

「ロドリゴが試合のペースを掴むのに、10分ほどかかった」と、スールシャールがMUTVに語った。「彼はカーリングカップでひどいタックルを受けたんだ。あんなタックルを受けた後に試合に復帰するには、多少なりとも勇気が必要だよ。ロドリゴは良いプレーを見せたが、特に後半が良かった。彼はこれからもっと良くなるはずだよ」

もう1人のブラジル人であるサイドバックのラファエウに対しても、オーレは同様に賛辞を送った。彼はシティーを相手に、大活躍をした。

スールシャールは以下のようにコメントした。「彼はチームに素晴らしい勢いを与えた。彼はただ試合に出て、勝ち

ページ 1 / 2 次へ » 


帰ってきた少年

「ロドリゴが試合のペースを掴むのに、10分ほどかかった。彼はカーリングカップでひどいタックルを受けたんだ。あんなタックルを受けた後に試合に復帰するには、多少なりとも勇気が必要だよ。ロドリゴは良いプレーを見せたが、特に後半が良かった。彼はこれからもっと良くなるはずだよ」

― オーレ・グンナー・スールシャール