登録
ようこそ 
登録情報を変更する
次の試合

CSKAモスクワ vs ユナイテッド
チャンピオンズリーグ
9月27日
日本時間28日 3:45開始

PREMIER LEAGUE





マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

22/01/2009  Report by Ben Hibbs
ページ 1 / 2 次へ » 

ロナウドはベンチスタートか

サー・アレックス・ファーガソン監督は、クリスチアーノ・ロナウドの完全復帰を急いでおらず、21日に行われるセルティック戦では彼をベンチスタートさせる考えを持っているようだ。

監督はロナウドの性格とプレーを称賛している。そして、もし彼が出場を望むならば、すぐにゴーサインを出す準備はしているようだ。しかし、ロナウドは18日の試合に出場して21日の試合に出られるほどのレベルには回復していない。なぜなら彼は足首の手術を行ったため、夏に満足なトレーニングを積むことができなかったからだ。

「彼はとても良くやっているよ」と、監督は語った。「完調に近づいている。18日に行われた試合の20分過ぎくらいに、ガリー・ネヴィルに『ロナウドに状態を聞いてくれ』と頼んだ。彼が疲れていると思っていたんだ」

「ガリーは聞いてくれて、ロナウドは『休みが必要かもしれない』と言っていた。ただ、その5分後に彼はガリーに対して、『調子が良くなってきた』と話していた。ガリーが話しかけたことで、気分が高まったのかもしれないね。彼はそういうタイプの選手なんだ。彼は自分のことがよく分かっている。休みが必要ならば自分から申し出てくるだろう」

「彼はダイレクトで得点を決めたんだ。ペナルティエリア内で素晴らしい才能を発揮している選手だ。私は彼がバロンドールに最も相応しいと思っている。もし彼がバロンドールを受賞できないなら、私は受賞した選手と契約したいね」

ロナウドはポルトガル代表として2試合に臨んだ。それは、サー・アレックス・ファーガソン監督と元アシスタントコーチのカルロス・ケイロスが話し合って決められたことだった。

「カルロス(ケイロス)と話して、(ロナウドの状態について)彼に意見を求めた。18日の試合と21日の試合のどちらにも出場するのは現時点では厳しい、と彼は言っていた。カルロスは11日のスウェーデン戦で見せたロナウドのプレーを褒めていた。それを見て15日の試合に出場させることを決断したようだ。しかし、実際はあまり良いプレーが出来なかった。その原因は、体調が完全ではなく、試合後の回復が遅れているからなんだ」

「18日から21日のセルティック戦まではわずかしか時間がない。もし、あと1日あれば完璧だったんだがね。今は選手の状態を見極めているところだ。ナーニの出場についてはまだ決めていない」

「ナーニは15日の代表戦で30分間プレーしただけだったから、彼をオプションに加えていた。ただ、長期に渡って負

ページ 1 / 2 次へ »