登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

マンチェスター・シニアカップ
モス・レーン、2008年10月30日

マンチェスター・ユナイテッド 0

ボルトン 0

PK戦の末9-8でボルトンが勝利

22/01/2009  Report by Steve Bartram
ページ 1 / 2 次へ » 

リザーブ:ボルトン戦

ユナイテッドのリザーブチームは、防衛戦となるマンチェスター・シニアカップのボルトン戦で、PKの末に初の敗戦を喫した。

ユナイテッドが何度か勝利を確実にするはずのチャンスを逃し、試合は90分間スコアレスドローに終わった。引き続き激しいPK戦が行なわれ、9-8でボルトンが勝利した。

バリーとオールドハムに勝利したユナイテッドは、今シーズンのグループステージでの3連勝を狙っていた。去年のオールド・トラッフォード最終戦でボルトンに勝利し、最近もリーグ戦で彼らを蹴散らしていた。ユナイテッドにとっては馴染みの敵との対戦であった。

ボルトンのGK、アダム・ボグダンが、アンゴラ代表マヌーショのシュートをスマートにセーブした。マヌーショは試合序盤にもバーを越すヘディングを放っていたが、これはクロスバーの上に外れていた。、ボルトンの数少ない攻撃だったダニー・シソンズのシュートは、ベン・アモスによって阻まれた。

前半はスコアレスドローで終了した。ボルトン生まれのサム・ヒューソンは今シーズン、リーグでのボルトン戦で既に1点を決めていたが、後半開始直後の決定的なチャンスは逃してしまった。

トム・クレヴァーリーもまた、最近ボルトン相手に得点していたが、またもボグダンに阻まれた。一方、ボルトンはシェリダンがゴールを割ったが、判定はノーゴール。ユナイテッドは線審の恩恵を受けた。

90分間を引き分けで終えると、マンチェスター・シニアカップではPKによって決着をつける。

ページ 1 / 2 次へ »