登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

バークレイズ・プレミアリーグ
10/25(土)グディソン・パーク

エヴァートン 1
フェライーニ(63分)

マンチェスター・ユナイテッド 1
フレッチャー(22分)

22/01/2009  Report by Steve Bartram
ページ 1 / 2 次へ » 

エヴァートン 1-1 ユナイテッド

ユナイテッドはグディソン・パークでの厳しい戦いで勝ち点1を獲得した。前半こそ試合を支配したが、後半エヴァートンの猛攻を受けてしまった。

ダレン・フレッチャーが前半にゴールを奪い、その後も攻勢を仕掛けたが、元ユナイテッドGKのティム・ハワードが好守を見せた。

しかし、後半を迎えるとエヴァートンがリズムを掴んでマルアン・フェライーニにヘディングでゴールを許してしまった。

ユナイテッドは試合開始直後、鋭い動きを見せた。特にティム・カーヒルを出場停止で欠いたエヴァートンの中盤をライアン・ギグスとダレン・フレッチャーが制圧。ギグスとフレッチャーはワンタッチでのパス交換を見せ、素晴らしい連動性を披露した。

試合開始直後にギグスが放ったシュートはハワードにセーブされ、フレッチャーのヘディングシュートは枠を外れてしまう。しかし、迎えた21分にギグスとフレッチャーの関係からゴールが生まれる。

フレッチャーが放った最初のシュートはブロックされるが、そのボールを拾ったギグスがエリア内に走り込むフレッチャーに完璧なパスを送ると、そのパスを受けたフレッチャーが最初のトラップで追いすがるレスコットをかわし、ハワードの足下を抜くシュートでゴールネットを揺らした。

すると、フレッチャーの先取点で勢いづいたユナイテッドがさらに攻勢に出たことで、試合はワンサイドの様相を呈し始める。しかし、ハワードが立て続けに3つの好セーブを見せるなど奮闘し、エヴァートンは1点差を維持することに成功する。

ハワードはロナウドのシュートを枠の外に弾き出すと、コーナーキックの流れからネマニャ・ヴィディッチが放ったヘディングシュートも見事な反応でセーブした。また、その一連のプレーからギグスが2人のディフェンスをかわして放った美しい弧を描いたシュートも、ハワードによって阻まれてしまう。

一方、ほとんど攻撃に出ることのなかったエヴァートンだったが、ヴィディッチはかつてのチームメイトであるルイ・サアに対する対応でイエローカードを受けてしまう。さらにその数分後、ギグスも同様のプレーでカードを提示されそうになるが、アラン・ワイリー主審は足を滑らせたとの判定を下し、ギグスがイエローカードを受けることはなかった。

また、ウェイン・ルーニーは23回目の誕生日を迎えた次の日に、クラブチームにおける100ゴール目を挙げるチャンスを迎えた。しかし、フィル・ジャギエルカの粘り強い対応の前にゴールを奪うことはできなかった。

結局、試合はそのままハーフタイムを迎え、ユナイテッドは試合を優位に進めながらも1点のリードしか奪うことができなかった。

ページ 1 / 2 次へ »