登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

18/09/2012  Report by Steve Bartram
ページ 1 / 2 次へ » 

復活を喜ぶスールシャール

オーレ・グンナー・スールシャール監督によると、ユナイテッドのリザーブチームは、10月初旬のウィガン戦で味わった胸が張り裂けるような敗北に対して完璧な対処をしたようだ。

ユナイテッドはウィガンの急襲に屈した。しかしボルトン、オールドハム戦の勝利を経て立ち直り、22日の夜にはリーグ首位のマンチェスター・シティーを3-0で下した。

「時々なら、負けることもプラスになる。負けることがどれだけ苦しいのかということを思い出すからね」と、スールシャール監督はMUTVに対して語った。「本当に良く3連勝して、我々の教えに応えてくれた。“一貫性”という教えにね」

「もちろん嬉しいよ。こういう地元のダービーは、何が起こるかわからない。僕は、自分たちのプレーと自分たちが赤いユニフォームを着ている理由を信じて、僕らが教えている通りにプレーするんだ、とだけ言ったよ。それが上手く行ったんだ」

ユナイテッドはシティーが10人になる前から主導権を握っていた。シャレアム・ローガンがレッドカードを受け退場し、このプレーで得たPKをダーロン・ギブソンが決めた。しかしスールシャール監督は、この退場が試合を台無しにしたと感じている。

「僕らがPKを得て、シティーが10人になったとき、試合が少し邪魔されたような気がした。そこで試合は終わってしまったんだ。それまでは選手は僕らが教えたとおりのプレーをしていたんだが。よく守っていたし互いに連動していたよ

ページ 1 / 2 次へ »