登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

22/01/2009  Round up by Gemma Thompson
ページ 1 / 2 次へ » 

ネヴィルとルーニーは出場微妙

監督は4日のブラックバーン戦を前に、ガリー・ネヴィルとウェイン・ルーニーの出場が微妙なことを認めた。

ルーニーは9月30日のアールボー戦で足首を負傷したためピッチを退き、ネヴィルは週末の負傷のためデンマークの遠征には参加していなかった。

イーウッド・パークの遠征はもうすぐだが、両選手に加え、マイケル・カリック(足首)、オーウェン・ハーグリーヴス(ヒザ)、ポール・スコールズ(ヒザ)も遠征メンバーから外れることになりそうだ。

「スコールズはとても重要な選手なだけに彼を失うのは痛手だ」と、ファーガソン監督は語った。「しかし、彼は今回のような怪我を2、3度したが、彼はいつもとても元気に帰ってきたよ」

スコールズは足のじん帯を損傷し、約10週間の離脱をすることとなった。たとえこのミッドフィルダーが34歳に近づいていても、ユナイテッドのボスは彼が今回の怪我を克服する能力について懸念していない。

「彼はガリー・ネヴィルを見ればいい。彼は18ヶ月もの間、戦線離脱していたが素晴らしい状態で戻ってきた。彼の忍耐や、戻ってくることを決めた決断力を賞賛しなければならない。それは選手全員が持った生まれつきの特徴だ。私はスコールズが帰ってきて、もう1年余裕でプレーすることにとても自信があるよ」

ページ 1 / 2 次へ »