登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

06/09/2010  Report by Ben Hibbs

ネヴィルを手本に

ベン・フォスターは、負傷により長期間プレーすることができなかったユナイテッドのキャプテンであるガリー・ネヴィルの復帰を手本にすることが良いと言われている。

ネヴィルが、07-08シーズンのほとんどを棒に振ったヒザのじん帯損傷から復帰しようとしていた頃、フォスターは9月のリザーブマッチで足首を痛めた。現在フォスターは、18ヶ月かけて復帰したネヴィルを見習うことが必要だ。

「ベンはクラブに長い間いる最も優秀な若手GKだ。彼が今必要なことはほんの少しの運だ」と、サー・アレックス・ファーガソン監督は語った。

「しかし、彼が運命を受け入れるならば、ガリー・ネヴィルに目を向けなければいけない。彼は18ヶ月もの間負傷で悩まされ続けていたが、見事に復帰した。彼は負傷で落ち込んでいる選手たちの人生の見本となっている」

フォスターは、国内で最も将来を嘱望されているGKの一人で、ユナイテッドや、イングランドの次世代を担うナンバー1GKとして注目されている。完全復帰を目指しているフォスターの戦いにおいて、これは試練なのだ。

サー・アレックス・ファーガソン監督は付け加えた。「彼は、十字じん帯を負傷した後、復帰目前まで漕ぎ着けたが、リザーブマッチで足首を捻挫してしまい絶望していた。私は、彼が諦めずに負傷と戦い続け、復帰することを望んでいるよ」

“この記事について、あなたの意見は? 掲示板『トーキング・ユナイテッド』に投稿しよう”