登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

22/01/2009  Report by Ben Hibbs
ページ 1 / 2 次へ » 

ブラウンはセンターバックを狙う

ブラウンはセンターバックでのプレーを諦めない。
2007年の3月から最近までのガリー・ネビルの負傷中にブラウンは右サイドバックの新境地を切り開き、クラブと代表でそのポジションを掴んだ。

しかし、ロングサイトで生まれ、現在29歳になったウェズは、例えリオ・ファーディナンドとネマニャ・ヴィディッチが不動のものとしていても、本来のポジションであるセンター・バックでのプレーを諦めていない。

「僕はずっと右サイドバックでプレーすることが良いとは思わない」とブラウンは言う。「ガリーがケガの間そのポジションを埋めたが、ガリーが復帰した今、監督はすぐに僕のポジションを変更することができる。もし、ヴィダ(ヴィディッチの愛称)やリオが負傷したら、僕はセンターバックに戻るだろうね」

昨シーズン、ヴィディッチが負傷した際、ブラウンはファーディナンドとセンターバックのポジションを務めていた。「チャンピオンズリーグの準決勝、バルセローナ戦は本当に厳しい試合だった。監督は経験を生かせることを考慮して、僕をセンターバックで起用した。それが上手行き、望んでいた結果を得ることができたよ」

ブラウンは右サイドバック、センターバックどちらのポジションでも、できるだけ多くプレーすることを望んでいる。「昨シーズンは僕にとって、素晴らしかったね」と彼は話した。ガリーの負傷には本当に失望した。負傷によって僕は右サイドバックのポジションをやることになったんだ」

ページ 1 / 2 次へ »