登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

22/01/2009  Report by Steve Bartram
ページ 1 / 2 次へ » 

勝ち点を落として嘆く監督

サー・アレックス・ファーガソン監督はグディソン・パークでのエヴァートン戦で1-1の引き分けに終わったことを悔やんだが、後半のエヴァートンのパフォーマンスを考えれば、妥当だと評価した。

ダレン・フレッチャーの前半のゴールで先制したユナイテッドだったが、ティム・ハワードの素晴らしいセービングがなければ、さらにゴールが決まっていてもおかしくない展開だった。そして後半に入って、フィジカルを全面に押し出して戦ったエヴァートンはマルアン・フェライーニのゴールで同点とした。

「試合をコントロールできていたから、勝ち点を失ったとも言える」と監督がMUTVに語った。「勝ち点2を失ったのは期待外れな結果だよ」

「我々はチャンスを作ったし、素晴らしいサッカーを見せた。良い時間帯も多かったし、そこでゴールを奪う必要があった。だが、それができなくて苦しむことになってしまった」

「だが、エヴァートンを褒める必要もある。彼らは後半果敢に攻めてきた。戦い方に変化を加え、我々は対応できなかった。こちらにも悪い所があったが、エヴァートンは勝ち点獲得に値するプレーをしたね」

グディソン・パークで勝ち点を失ったにも関わらず、監督はウェストハムとハルをホームに迎える試合に自信を見せている。

ページ 1 / 2 次へ »