登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

「チームは好調さを見せてくれた。試合中、集中を切らすことなく、プレーの判断も素晴らしかったし、ハードワークもしてくれていた」

― サー・アレックス・ファーガソン監督
22/01/2009  Report by Gemma Thompson
ページ 1 / 2 次へ » 

監督、選手を称賛

選手たちが好調を維持してセルティックに勝利したことを、サー・アレックス・ファーガソン監督は喜んだ。この勝利により、チャンピオンズリーグ決勝トーナメント進出に大きく近づいた。

ディミタール・ベルバトフの2ゴールとウェイン・ルーニーのゴールで3-0としたユナイテッドがセルティックに快勝した。そして、アールボーに6-3の勝利を収めたビジャレアルと勝ち点で並んで、グループEの首位をキープした。

監督は2週間後に敵地で行われるセルティック戦でも再び喜びを得たいと望んでいる。

「試合の結果が内容を妥当に反映していたと私は思う。選手たちは非常に高いレベルのパフォーマンスを披露してくれた」とMUTVに語った。

「もっと多くのゴールが入ってもおかしくなかった。3-0の結果には満足している。正直、試合開始からなかなか相手の脅威になる攻撃ができなかった。しかし、選手たちは的確な攻撃を仕掛け続けて素晴らしいサッカーを展開してくれた」

「試合の中で我々の強さを存分に発揮できたと思う。チームは好調さを見せてくれた。試合中、集中を切らすことなく、プレーの判断も素晴らしかった。それに、ハードワークもしてくれていたね。もし、次の試合のセルティック戦で勝利できれば、決勝トーナメントに進出できる」と監督が付け加えた」

「勝利することで首位通過のチャンスも出てくる。だが、セルティックに勝利することは簡単ではない。それにビジャレアルとのアウェー戦が残っている。ビジャレアルもグラスゴーでのセルティックとの試合が残っているが、そのようなことを考えれば、次の試合のセルティック戦は重要な試合になるだろう」

ページ 1 / 2 次へ »