登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

22/01/2009  Report by Gemma Thompson & Ben Hibbs
ページ 1 / 2 次へ » 

ウェズは欠場、フレッチは微妙

ウェズ・ブラウンは8日のアーセナル戦を欠場することが明らかになった。現時点でダレン・フレッチャーの出場は微妙だが、チャンピオンズリーグのセルティック戦を欠場したガリー・ネヴィルは出場可能となっている。

ブラウンはまだ足首のケガを治療中で来週半ばからトレーニングに復帰予定となっている。フレッチャーはヒザに軽い負傷を抱えており、アーセナル戦に向けて現在も調整中だ。

ネヴィルはセルティック戦の遠征メンバーから離脱していたが、すでにアーセナル戦には出場可能な状態だ。一方でポール・スコールズは軽いランニング練習を開始しており、サー・アレックス・ファーガソン監督によれば12月の半ばに復帰予定だが、早ければ12月13日のトッテナム戦に間に合うとのことだ。

ユナイテッドはトッテナム戦の5日後に日本でのクラブワールドカップを控えている。「ポールがケガを克服しつつあるのは嬉しいことだ」と、監督は言う。「彼は物理療法的なリハビリを開始した。ポールは日本に行くまでには復帰できるだろう。もしかしたら、その前のトッテナム戦に出場できるかもしれない」

オーウェン・ハーグリーヴスのコンディションについては明らかになっていない。ハーグリーヴスはユナイテッドでのキャリアの障害となっている腱炎を治療するため、ヒザの専門外科医として著名なドクター・リチャード・ステッドマンに会いにアメリカへと旅立った。ハーグリーヴスはすでにロンドンとスウェーデンでも専門医の元を訪れたが、依然として解決策が見つけられないでいる。

ページ 1 / 2 次へ »