登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

22/01/2009  Report by Nick Coppack

勝利に貪欲なリオ

リオ・ファーディナンドはマンチェスター・シティーに大きな期待が集まりつつあることは同じイングランド北西部のクラブにとって望ましいことなのでは、という意見にきっぱりと反論した。

シティーが最後に優勝トロフィーを掲げてから、実に32年の月日が流れた(シティーは1976年のリーグカップ決勝でニューカッスルに2-1で勝利を収めて優勝している)。しかし、巨万の富を誇る新しい後ろ盾を得たシティーは、多額の移籍金を費やして選手を獲得し、マンチェスターのもう1つの星として注目を集め始めている。

もちろん、かつてはシティーとユナイテッドが同じシーズンに栄光を分け合ったこともあった。最も知られているのは1967-68シーズンにシティーがリーグで、ユナイテッドがチャンピオンズカップで優勝した時のことだろう。しかし、ファーディナンドは2度とそのようなシナリオを繰り返したくないと話している。

ファーディナンドはナイキのインナーサークルというイベントで、シティーが成功したクラブになれば同じマンチェスターを拠点とするクラブとして何かプラスになるのでは、と質問されると簡潔に次のように答えた。

ページ 1 / 3 次へ » 


ユナイテッドの栄光

シティーの最後の栄光:1976年

ユナイテッドの1976年以降の栄光:
プレミアリーグ優勝(10回)
FAカップ優勝(8回)
カーリングカップ優勝(2回)
コミュニティ・シールド優勝(10回※)
UEFAチャンピオンズリーグ優勝(2回)
UEFAカップウィナーズカップ優勝(1回)
UEFAスーパーカップ優勝(1回)
インターコンチネンタル・クラブカップ優勝(1回)

※タイトル共有を含む