登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

22/01/2009  Report by Ben Hibbs, in Valencia

監督はロナウドを擁護

機会があれば誰もがクリスチアーノ・ロナウドを批判したいようだが、サー・アレックス・ファーガソン監督は、ロナウドがどんな障害も自分の力で乗り越えることが出来ると信じている。

ロナウドは22日のアストン・ヴィラ戦で、相手サポーターから集中的な非難を浴びた。これは、1週間前にオールド・トラッフォードでストークのファンからの抗議を受けたのに引き続いてのことだ。2006年のドイツワールドカップでイングランドが敗退した時から、彼に対する批判はイングランド国内にあった。ユナイテッドの監督は、ロナウドが自身のやり方で批判に対応するだろうと語った。

「アストン・ヴィラ戦では、ロナウドは普段と同じように、常にボールを求めるという正しい形で、自らの信念を披露したんだ」と監督は語った。「彼は何度もタックルを受けた。ほとんどはフェアなものだが、正当な判定を得られないことも何度かあった」

タックルであろうと、批判であろうと、何かの標的になることはロナウドにとって珍しいことではない。「素晴らしい選手には誰にでも付きまとう問題だよ」と監督は語る。「そのことはロナウドも分かっている。そして、それを乗り越えなければならないこともね」

ページ 1 / 2 次へ » 


ロナウドがナンバー1

「批判が好きな人にはこう伝えてくれ。彼のことは私が分かっている。我々の見方は、彼は素晴らしい選手であり、何の心配もないということだけだ。こういったことは素晴らしい選手には誰にでも付きまとう問題だよ。そのことはロナウドも分かっている。そして、それを乗り越えなければならないこともね」
サー・アレックス・ファーガソン