登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

22/01/2009  Report by Gemma Thompson

監督「ロナウドの退場は厳しい」

サー・アレックス・ファーガソン監督はハワード・ウェブ主審が下したクリスチアーノ・ロナウドの退場は、厳しい判定だと感じたようだ。

ユナイテッドはダービーを制したが、唯一のネガティブな点は68分に退場となってしまったロナウドの件だった。

監督はロナウドが顔を守るためにボールに触ってしまっただけであって、故意ではないと考えている。

「私はリプレーを見たが、ロナウドは単に顔を守ろうとしてボールに触っただけだった」と監督はMUTVに話した。「ロナウドも主審の笛が鳴っていたから、ファールをもらえたと思ったんだろう」

「彼は故意にハンドをして、ゴールにボールを入れようとはしていなかった。おそらく、エリア外であれば、主審は我々にフリーキックを与えたことだろうね。スタジアムの雰囲気もロナウドを退場へと追いやる原因となってしまったのだろう」

「時には今日の試合のようなことも起こり得る。だが、このような試練を乗り越えることが必要で、今日はそれができたね」と監督は付け加えた。「アウェーで10人になり

ページ 1 / 2 次へ » 


厳しい判定

「私はリプレーを見たが、単に顔を守ろうとした際にボールが手に当たってしまっただけだった。ロナウドも主審の笛が鳴ってファールをもらえたと思ったことだろう。彼は故意にハンドをして、ゴールにボールを入れようとはしていなかった。単純に手に偶然当たってしまっただけだよ。おそらく、エリア外であれば、主審は我々にフリーキックを与えたことだろうね。スタジアムの雰囲気もロナウドを退場へと追いやる原因となってしまったのだろう」
― サー・アレックス・ファーガソン監督