登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

22/01/2009  Report by Ben Hibbs
ページ 1 / 2 次へ » 

アーセナル戦への準備は万端

勝利を決定付けるゴールを奪うことは出来なかったものの、セルティック戦後半の圧倒的なパフォーマンスはユナイテッドにとって安心できるものだと、クリスチアーノ・ロナウドは語る。

ロナウドは前半にチャンスを作り出し、クロスバーをかすめるフリーキックを放った。そして、試合終了6分前にはセルティックのGKアルトゥル・ボルツが掴むことができないほどの強烈なシュートを放ち、ライアン・ギグスの同点ゴールを演出した。

ギグスのゴールで試合は引き分け、ユナイテッドは勝ち点1を獲得した。ロナウドは、ユナイテッドはこの引き分けを恥じるべきではないと語る。

「僕らには勝つチャンスは十分あったが、引き分けも悪くないだろう」と、ロナウドはMUTVに語った。「僕らは勝ち点8を獲得したし、決勝トーナメント進出もほぼ決めたと思う」

「時々ゴールが生まれない時もあるよ。だけど、後半の僕らは素晴らしいプレーをしたし、多くのチャンスを作り出した。ピッチを十分使い、後半はより良いプレーができたと思う」

「僕らは1ゴール以上取れたはずだ。GKは何度か良いセービングをしたが、不可能ではなかったはずだ。先週僕らは4点を取ったが、今夜は1点だ。後半のセルティックは僕らにとって特に問題ではなかったから、もっと得点できたはずだよ」

ページ 1 / 2 次へ »