登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

UEFAチャンピオンズリーグ
11/5(水)セルティック・パーク

セルティック 1
マクドナルド(13分)

マンチェスター・ユナイテッド 1
ギグス(84分)
22/01/2009  Report by Nick Coppack
ページ 1 / 2 次へ » 

セルティック 1-1 ユナイテッド

ライアン・ギグスが試合終盤にゴールを決め、セルティック・パークで得点を挙げたユナイテッドは今シーズンも決勝トーナメント進出を確実なものにした。

84分、セルティックGKアルトゥル・ボルツがクリスチアーノ・ロナウドのシュートを弾いたが、ギグスが至近距離から飛び込んでゴールを挙げたのだ。

セルティックがホームで強いことを知りながらも、サー・アレックス・ファーガソン監督はベストメンバーを送り込まなかった。ディミタール・ベルバトフ、ウェイン・ルーニー、パトリス・エブラら主力選手をベンチスタートとし、休ませたのだ。この試合ではカルロス・テベスの後方にギグスを配置し、ジョン・オシェイは左サイドバック、マンチェスターに残ったガリー・ネヴィル、ウェズ・ブラウンの代わりに18歳のラファエウを起用した。

ユナイテッドは開始早々にチャンスを作り、3分にコーナーキックからクリスチアーノ・ロナウドがシュートを放つと、さらに10分にはバリー・ロブソンがカリックを倒してフリーキックを獲得し、ロナウドが直接ゴールを狙った。

彼のシュートはセルティックの壁の上を越え、クロスバーもわずかに越えてしまった。しかし13分、スコット・マクドナルドに先制ゴールを決められた。彼のゴールはユナイテッドDF陣をあざ笑うかのようなものだった。

同点を目指すユナイテッドは、19分にリオ・ファーディナンドがマクドナルドのゴールに並ぶ絶好の機会を外してしまう。

その後はユナイテッドの中盤に対してセルティックの守備が自由を奪い、ユナイテッドはセットプレーに頼らざるを終えない状況だった。

監督は後半頭からナーニに代えてディミタール・ベルバトフをピッチに送り込む。この投入で攻撃が円滑化されるとさらに監督はルーニーを投入した。しかし、ゴールが奪えず時間だけが過ぎてしまう。

ページ 1 / 2 次へ »