登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

22/01/2009  Report by Steve Bartram
ページ 1 / 2 次へ » 

敗戦から学ぶこと

リザーブチームのオーレ・グンナー・スールシャール監督は、ユナイテッドの若手選手たちがリザーブリーグのハル戦でベテランFWディーン・ウィンダスと対戦できたことはとても価値のあることだと考えている。

リザーブチームは18日のハル戦で、ウィンダスにゴールを決められ1-2で敗れた。スールシャール監督は39歳のウィンダスのプレーは素晴らしい手本だと感じている。

「若い選手たちを起用した。ただ、それは敗れたことに対する言い訳ではないよ」とスールシャール監督はMUTVに語った。

「ウィンダスやその他の経験豊富なハルの選手が、ユナイテッドの若手選手に対してとても良い手本となってくれた。ウィンダスは、ユナイテッドの中の最も若い選手と比べて23歳も差があるんだ。でも、ウィンダスは勝利への執念を我々に見せてくれた。ウィンダスは全てのプロサッカー選手にとっての手本だよ」

最終的にハル戦は敗れたが、スールシャール監督は試合でポジティブな要素を見つけることができた。そして、次の試合で選手たちがハル戦の経験を生かしてくれると思っている。

「選手たちは時々良いプレーを見せていた。でも、もう少し守備を頑張らなければいけないね。前半はクロスに対して良い守備をしていたと思う。でも後半は守備面でのポジショニングが少し雑になったんだ。だから失点を許してしまった」

ページ 1 / 2 次へ »