登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

「もともとはサイドプレーヤーでありながら、視野の広さがあってセンターでもプレーできる。この試合でもギグスが少し下がり目の位置に入ってからチーム全体がよくなりましたよね」
― 常田真太郎
22/01/2009  Report by 奥野剛史

常田氏、いぶし銀ギグスに感服

J SPORTSが8日のユナイテッドvsアーセナルで開催したパブリックビューイングにスペシャルゲストとして参加したスキマスイッチ・常田真太郎氏が、途中出場したギグスのプレーに賛辞を送った。

J SPORTSの08-09プレミアリーグ中継テーマ曲『swerves』を提供している常田氏は試合後、「トラップがすごく重要だな、というのを感じましたね」と開口一番に語り、世界トップクラスの選手たちのテクニックにあらためて目を見張っていた。

また、「ヴェンゲルはグランパスの監督をしていた頃から、同じポジション同士の選手を代えるだけでなく、交代の際にセンターの選手をサイドに動かす場合があった、という話を中西さんから聞けたのもうれしかったですね」と語り、実況席に並んだ中西哲生氏の生解説も、会場に集まったファンとともに堪能した様子だ。

大のサッカー好きとして知られる常田氏が、ユナイテッドで最も印象に残った選手に挙げたのはギグスだ。
「ギグスのいぶし銀のプレーはやっぱりすごかったですね。もともとはサイドプレーヤーでありながら、視野の広さがあってセンターでもプレーできる。最近はスピードがなくなってきた分、センターでのプレーをしっかりやっていて、この試合でもギグスが少し下がり目の位置に入ってからチーム全体がよくなりましたよね。それまでもアンデルソンが踏ん張ってたんですけども」

そして、常田氏は12月に日本で行われるクラブワールドカップでのユナイテッドのプレーも、もちろん楽しみにしている。
「僕自身もクラブワールドカップには関係していて(ゴスペラーズとのコラボで大会公式テーマソングを担当)、現地でもいろいろやりますし、ユナイテッドにはしっかりとした準備をしてもらいたいなと思ってます」

「個人的には、けがで離脱しているスコールズがなんとか間に合ってほしいなと。ピッチでプレーしてくれるのが一番ですが、もし試合には出られないとしても日本に連れてきてほしいですね」
“この記事について、あなたの意見は? 掲示板『トーキング・ユナイテッド』に投稿しよう”