登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

22/01/2009  Report by 奥野剛史

リオ、日本での思い出を語る

リオ・ファーディナンドがFIFA.comのインタビューで、12月にクラブワールドカップでプレーする日本での思い出について語った。

ファーディナンドはこれまで日本では、ユナイテッドの一員として親善試合でプレーしたほか、日韓で共催された2002年ワールドカップにイングランド代表として出場している。

「日本へ行くのは好きだよ。素晴らしい国だと思う。サッカーが大好きな人々もたくさんいる。スタジアムも設備が優れていて素晴らしいね。2002年ワールドカップでは、イングランド代表の一員としてまずまずのプレーが出来て、それがユナイテッドに移籍する要因になった。キャリアを振り返る時に、いつも日本のことは懐かしく思い出すよ」

また、2002年ワールドカップでの一番の思い出について、ファーディナンドは次のようにコメントしている。
「おそらく、決勝トーナメント1回戦のデンマーク戦でのゴールだね。あの試合で僕たちはすごくいいプレーができた。ワールドカップで自分の代表初ゴールを決められたのは、素晴らしい瞬間だったよ」