登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

22/01/2009  Report by 奥野剛史

観戦イベントで熱い声援

プレミアリーグのビッグ4直接対決、8日のアーセナル戦で、J SPORTSがパブリックビューイングを開催。東京・渋谷のPasela Resorts Grandeに、たくさんのユナイテッドファンを含む200人のプレミアリーグファンが集まり、大画面での観戦を楽しんだ。

イベントでは野村明弘アナウンサーと中西哲生氏の生実況・解説に加え、スペシャルゲストとしてJ SPORTSの08-09プレミアリーグ中継テーマ曲を手がけたスキマスイッチ・常田真太郎氏も参加。緊迫した好ゲームが展開された中、目の肥えたファンが集まった会場を、普段のテレビ中継よりさらにマニアックかつ鋭いトークで一層盛り上げた。

ユナイテッドは多くのチャンスを作りながら1-2で惜敗したが、終盤にラファエウの初ゴールで1点を返した場面では、集まったユナイテッドファンから大歓声が上がった。

イベントに参加したユナイテッドファンの三浦尊臣さんは試合後、「決定機でルーニーのシュートが精度を欠いたのが残念でした。ただ、ルーニーは交代させないでそのままサイドで使ってほしかったですね。あとは個人的にナーニを投入してほしかったです」と、悔しさ一杯に感想を聞かせてくれた。
それでも、02-03シーズンのユナイテッドのユニフォームにマフラーという出で立ちで“参戦”した三浦さんは、「ラファエウのシュートは素晴らしかったですね。あのゴールで、まだ行ける! と最後まで楽しめました」と語り、パブリックビューイングでの観戦を大いに楽しんだ様子だった。

J SPORTSではビッグ4など毎週生中継を中心にプレミアリーグを4試合以上放送中。さらにFAカップ、カーリングカップも放送し、イングランドの3冠すべての大会を網羅する。そして、視聴者・ファン参加のイベントは今後も実施予定とのことで要チェックだ。