登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

22/01/2009  Report by Joshua Evans

ギグスはアストン・ヴィラを警戒

ギグスはユナイテッドがタイトル争いにおいて、今からシーズン終わりまでほとんどミスをする余裕がないだろうと認めている。

これまでユナイテッドは6つのアウェーゲームで2勝2敗2分という成績を収めているが、ギグスはユナイテッドのこの道のりにはいくつかの一貫性を見出すことが出来ると話している。ギグスは語る。「僕らにとって、22日の試合で勝利することはとても重要なんだ。僕らはすでにトップのチェルシーとリヴァプールの後塵を拝している。だから、これ以上離される訳にはいかないんだよ」

ギグスはアストン・ヴィラを警戒している。マーティン・オニール監督率いる現在のチームが、ヴィラ・パークで13年間不敗と相性の良いユナイテッドの記録更新を易々と許してくれないことが予想できるからだ。先週のアーセナル戦の勝利がビッグ4に食い込める力があることを証明している。

「驚いてはいないよ。アストン・ヴィラにその力があることは分かっていたからね」と、ギグスは語った。

「実際、彼らはこの2、3年に渡ってトップグループのすぐ後ろにいたし、高いクオリティーを持っているんだよ」

ページ 1 / 2 次へ » 


ユナイテッドのアウェーゲーム

ユナイテッドは今シーズンのプレミアリーグでこれまで6試合のアウェーゲームを戦い2勝2敗2分、7得点6失点という成績である。

勝―ポーツマス1-0(フレッチャー)
敗―リヴァプール1-2(テベス)
分―チェルシー1-1(パク・チソン)
勝―ブラックバーン2-0(ブラウン、ルーニー)
分―エヴァートン1-1(フレッチャー)
敗―アーセナル1-2(ラファエウ)