登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

22/01/2009  Report by James Tuck
ページ 1 / 2 次へ » 

ヴィラを称賛するエドウィン

GKエドウィン・ファン・デル・サールはユナイテッドが苦戦を強いられ、スコアレスドローに終わったアストン・ヴィラのパフォーマンスを称賛している。

マーティン・オニール監督率いるアストン・ヴィラは守備に重点を置く戦略で、ユナイテッドの攻撃を抑え込み、ストレスの溜まる試合を展開した。最終的に勝ち点1を獲得したアストン・ヴィラはアーセナルを追い抜いて4位に浮上している。

ファン・デル・サールは次のようにコメントした。「アストン・ヴィラとの対戦を前に、各紙ではユナイテッドのヴィラ・パークでの不敗記録が取り上げられたけど、やはり厳しい試合になった」

「今シーズンのアストン・ヴィラは非常に好調だし、今日もクオリティの高いサッカーで僕らを苦戦させた。彼らは非常に良いプレーをしていたけど、僕らの守備も固かったと思う。1度か2度、アストン・ヴィラの攻撃をブロックできたし、僕自身もシュートを2度はセーブした。最後の10分間で彼らがもう少し疲れてくれて、ユナイテッドが決勝ゴールを決められれば良かったんだけどね」

「僕らは最善を尽くして2度のチャンスを作り出したけど、結局、勝てなかった」。ここまでのところ、アウェーで強豪との対戦が続いていたユナイテッドだが、リーグ後半からは徐々にチェルシーやリヴァプールとの8ポイントの勝ち点差を縮められるはずだと、ファン・デル・サールは確信している。

「僕らはアウェーでの厳しい試合が何試合か続いていたけど、いつかはみんなが通る道だ。これからは、これ以上勝ち点差を広げられないように保つだけでなく、この差を縮めていかなければね。年が明ける頃には更に上位に浮上できている

ページ 1 / 2 次へ »