登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

22/01/2009  Report by A Bostock, N Coppack

マラドーナがユナイテッドを訪問

サー・アレックス・ファーガソン監督とユナイテッドは7日にカーリントンで、現役時代には世界最高の選手の一人として活躍したディエゴ・マラドーナを歓迎した。ユナイテッド選手たちは先日、アルゼンチン代表監督に就任したマラドーナ監督にトレーニング風景を披露した。

同監督は今月のスコットランド代表との親善試合に向けて、母国出身の選手たちの視察のために各地を訪問しており、ユナイテッドへはカルロス・テベスの様子を確認しに来たようだ。

この日、30歳の誕生日を迎えたリオ・ファーディナンドはManUtd.comで次のようにコメントしている。「マラドーナを前にして僕らは子供のようにはしゃいでいたよ。彼と写真を撮るために大騒ぎしていた。ファーガソン監督は彼に毎日見に来てもらいたいと思ったみたいだった。彼が来るとみんなのレベルが上がるからね! みんな彼にアピールしようと張り切っていたんだ」

「僕が子供の頃はここまで成功した選手ではなかったけれど、彼は僕のヒーローだったよ。彼のビデオは全部持っているし、彼のプレーを見るのが本当に好きなんだ。偉大な選手だった・・・・・・個人プレーでもチームプレーでもね」

ページ 1 / 2 次へ » 


リオ、マラドーナに会う

「ディエゴは僕にとって最高の選手だった。自分にとってのアイドルであり、自分がプレーするきっかけにもなった彼みたいな人と会うチャンスが訪れたら、逃す手はないよ」

- リオ・ファーディナンド