登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

22/01/2009  Report by Gemma Thompson
ページ 1 / 2 次へ » 

監督、忍耐強いプレーを称賛

サー・アレックス・ファーガソン監督は若手が多く出場したカーリングカップでのQPR戦で、準々決勝進出を果たしたことを喜んだ。

カルロス・テベスやナーニ、アンデルソンが決定的なシュートを放ったが、相手GKラデク・チェルニーの好守に阻まれた。ただ、両チームの差を分けたのはテベスが75分にPKで決めたゴールだった。

監督は雨が降りしきる中、90分を通して試合を支配した選手たちを称賛している。
「コンディションが悪かったため、ボール扱いが難しかったことだろう。だが、その部分を考えてもよく試合を支配できていた」と監督はMUTVに話した。

「我々は忍耐強く、そして良いテンポでプレーした。自陣に引いている相手を上手く崩せたと思う。QPRはここ数試合、さほど失点を許していない。我々の予想通り、彼らは非常に良い守備を見せた」
「タフな試合となったが、試合を通して見れば、選手たちはハードワークをしてくれたし、パフォーマンスにはとても満足している」

ユナイテッドはアーセナル戦に続き、決定機を生かすことができなかった。しかし、監督はこの状況が長く続くとは考えていない。
「我々は守備を固めるチームに慣れている。だが、それでもそのようなチームを相手に選手たちは良いプレーを見せてくれている。先制ゴールをいかに早く奪うことができるかが重要なポイントだったが、それが今日の試合では難しかった」

ページ 1 / 2 次へ »