登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

「マーク・ヒューズ監督が手に入れた可能性と資金に関して考えると、今回のダービーは今までとは違った焦点がある。しかし、ユナイテッドの資金や、試合へのアプローチに関しては何の変化もない。面白い試合になるだろうね」
― サー・アレックス・ファーガソン監督
22/01/2009  Report by Nick Coppack
ページ 1 / 2 次へ » 

監督はシティーを恐れない

マンチェスター・シティーは現在、世界中のどのクラブよりも豊富な資金を投入することができるだろう。しかし、サー・アレックス・ファーガソン監督は、シティーに対し何の恐れもないと語る。

30日にイーストランドで行なわれるマンチェスター・ダービーを前に、監督はこの試合について語った。それはシティーの預金残高のことではなく、現実の試合に関してだ。

「現在の我々にとって、ライバルと言える存在はチェルシーとリヴァプールだ。なぜなら彼らはプレミアリーグの順位表で我々より上にいるからだよ」と、監督は語った。「豊富な資金は確かにクラブの助けとなる。チェルシーにロマン・アブラモヴィッチがやってきて、現在の選手たちを買い集め、リーグ戦では2連覇を果たした。その姿を我々はすでに見ているからね」

「確かにチェルシーの強化は目を見張るものだったし、我々にとっては新たなライバルチームの出現だった。その挑戦を受け止め、対処しなければならなかった。さもなければ我々は永遠に2位止まりだっただろう」

「我々はその新たな挑戦に、2年連続のリーグ優勝という形で答えたんだ」

監督は、シティーの新たな豊富な資金源が、シティーファンの期待を高めていることを受け止めつつも、特に気にはしていないようだ。

「マーク・ヒューズ監督が手に入れた可能性と資金に関して考えると、今回のダービーは今までとは違った焦点がある。しかし、ユナイテッドの資金や、試合へのアプローチに関しては何の変化もない。面白い試合になるだろうね」

「昨シーズンのダービーは不運だった。ビッグゲームに臨むときは、ほんの少しの運を期待するんだが、昨シーズンはそれがなかったよ。たぶん30日の試合では、その運がやってくるんじゃないかな」

ページ 1 / 2 次へ »