登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

「選手たちがいい結果を残してくれると強く信じている」
─ サー・アレックス・ファーガソン監督
22/01/2009  Report by Adam Bostock
ページ 1 / 2 次へ » 

監督「選手を信じている」

サー・アレックス・ファーガソン監督は、10回目のプレミアリーグの制覇をかけて戦う11日のウィガン戦について、選手を信じることが一番重要だと述べた。

ウィガンの選手はユナイテッドを倒すことに闘志を燃やしている、チェルシーの対戦相手のボルトンの選手は気が緩んでいるなど、リーグ最終戦を前にさまざまな“マインドゲーム”が仕掛けられているが、ファーガソン監督は「ウィガンの選手が何を言おうと、チェルシーの選手が何を言おうと関係ない。私たちが勝てば優勝が決まる。それだけのことだ」と主張した。

「幸運に恵まれたいとか、あれを望む、これを望むとか、願望は尽きないものだが、一番重要なのは選手を信じることである。私はユナイテッドの選手たちがいい結果を残してくれると強く信じているよ」

「彼らは好調をキープし、ここまで素晴らしいサッカーを披露してきた。どのプレーヤーもすぐれた才能を持っているし、私が要求した通りのパフォーマンスを見せてくれている」

4月26日のチェルシーとの大一番では、何人かの主力選手を温存して戦い、1-2で敗れてしまった結果、優勝争いは最終戦までもつれ込む形となったが、ファーガソン監督は采配は間違っていなかったと話した。

「チェルシー戦のメンバー選びは、チャンピオンズリーグの決勝に進むことを考慮したうえで行ったものだった。あのときはまだリーグ戦が3試合と、準決勝の第2戦が残っており、まずは決勝に進むことが重要だったのだ。今はその目標を果たし、リーグ戦は残り1試合となった」

「11日の最終戦はファンにとって、スリリングなものとなるだろう。だが、私たちが優位に立っているのは間違いないし、この試合に勝てば、優勝が決まるということで、モチベーションも高まってきている。ファンの声援も期待できるだろうしね」

ページ 1 / 2 次へ »