登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

「これまでユナイテッドでは一流の選手がたくさんプレーしてきたが、ヨーロッパチャンピオンになって初めて特別な選手の仲間入りを果たし、ファンやクラブの関係者から尊敬されるようになるのさ」
─ リオ・ファーディナンド
22/01/2009  Report by Gemma Thompson

リオがCL優勝の重要性を主張

リオ・ファーディナンドが、今のユナイテッドはチャンピオンズリーグで優勝したことで、クラブの過去の偉大なチームと同じ次元で扱われるようになったと主張した。

「僕は決勝を戦う前に、ユナイテッドで偉大な選手と呼ばれるためには、チャンピオンズリーグで優勝する必要があると話していた」とファーディナンドはManUtd.comにコメント。

「これまでユナイテッドでは一流の選手がたくさんプレーしてきたが、ヨーロッパチャンピオンになって初めて特別な選手の仲間入りを果たし、ファンやクラブの関係者から尊敬されるようになるのさ」

「最高の気分だ。チャンピオンズリーグの優勝を経験できる選手は一握りだ。来シーズンもまた優勝して、同じような気分を味わいたいね」

21日のチェルシーとの決勝はPK戦にもつれこんだが、ファーディナンドはもしもエドウィン・ファン・デル・サールがニコラ・アネルカのシュートを阻止していなかったら、次は自分が蹴る番だったと明かした。

「ライアン(・ギグス)の次は僕だったんだ。だからアネルカがシュートを成功させた場合、自分はどこを狙って蹴ろうか考えていたんだ」

「PK戦では、ナーニにしてもアンデルソンにしても、このような舞台をほとんど経験していない若い選手が、落ち着いてシュートを決めたと思う。ユナイテッドには強い気持ちを持った選手が多いんだ」